戻る




四国お遍路
(夛田)


前回108段階段 下までとなった弥谷寺に再度
2017.5.1
71番弥谷寺(いやだにじ)


本山寺

銭形砂絵 (子供の頃に松山容子さんのテレビ番組「琴姫七変化」で見たことが) 
観音寺市のシンボルである、銭形砂絵「寛永通宝」
白砂で作られた銭形は、東西122m、南北90m。
寛永10年(1633)、丸亀城藩主生駒高俊が訪れた際、
地元の人々が歓迎の気持ちを表すために一夜にして
造り上げたと伝えられていて、これを見ると健康で長生きし、
お金に不自由しないといわれている。

象ケ鼻岩銭形展望台から眺めるときれいな円形となる。



四国霊場巡礼のお作法 - YouTube


初めてのお遍路 - YouTube



自家用車遍路・四国八十八カ所巡り


四国に点在する八十八カ所の霊場を巡礼すること。
讃岐に生まれた弘法大師空海が修行した地として伝えられる寺々で、
大師の足跡を訪ねることで功徳を得ようというもの。
発心(阿波)、修行(土佐)、菩提(伊予)、涅槃(讃岐)全行程約1,400キロ


1番霊山寺から88番大窪寺へ・・・順打ち
88番大窪寺から1番霊山寺へ・・・逆打ち
衛門三郎(えもんさぶろう)が弘法大師に非礼を行い、詫びるため追っかけたが会えなかった、
逆に廻って最後に会えた由来。88番から1番へ閏年(うるう)、
また 平成28年は60年に1度の丙申(ひのえさる)

宗派は問いません、服装も自由、山寺があるのでウオーキングシューズ、
お賽銭、数珠は二重のものが多く使わているが、菩提寺の数珠や腕輪タイプのものでもよい。

袈裟と線香3本と納札、納経帳、袋物(線香・納札・納経帳等を入れる)・・・現地で購入可能。


お参りは本堂と大師堂2ヶ所


四国八十八カ所霊場 日本遺産認定記念散華 平成28年閏年(逆打ち年)

車で区切り打ちをしました
 6月25日・26日・27日、 9月2日・3日、10月1日・2日・3日、10月22日・23日



逆打ち 88番札所から


足摺岬

霊山寺